PCインストラクターの憂鬱

パソコンスクールインストラクターの前を通り過ぎてゆく景色・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

国際化日本の憂鬱

「邦人自殺 中国で増加傾向」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060617-00000098-jij-int

である、なんと憂鬱な話題か・・・
よく言われることであり、感じることだが、日本人は良くも悪くも平均化している。
何が?かと言うと、人柄である。
もっとわかりやすくいえば、「変な人」や「変わり者」が少ないと言うこと。

スポーツ選手や、起業人で海外で成功を収めている人とたちは、以外にこの「変わり者」が多い。

言い換えれば、海外の「普通」な人柄こそ「変わり者」が多いのだろう。
よく言えば「個性的」。
日本の教育課程では「個性的」であることが異端視される。
だから、本人も家族も「平均化」した「普通の人」であろうとする。
皆さん、覚えがないですか?

そういった、国内で通用する「普通」さは、海外では居場所がなくなり、
組織内での力なども手伝い、孤独化して自殺にいたるのではないだろうか。
自殺するくらいならば、会社を辞める気で帰ってくる選択肢もあっただろうに、一人病的化してしまうのか。

生き抜くことが出来ない、生存力としての「弱さ」は、誰の責任でもなく本人の問題ではある。
しかし、そういった要因を持っていそうな人材を精神的僻地に追いやってしまう組織の体質も見逃せない。
途中本人から「HELP!」なシグナルが出ていたのか、フォローについても、たいした事はなかったんだろう。

生存力の弱い人間やこういった問題を起こす組織を作らないように、社会全体で対処しなければ、日本に真の国際化はやってこないだろう。

| ニュースから | 16:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://highway.blog28.fc2.com/tb.php/118-ee9d95df

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。